インスタ映え写真を撮るコツを掴む

インスタグラムを使って自分をアピールしてみませんか?

>

やり過ぎに注意

客観的視点で見る

芸能人ともなるとインスタ映え写真に自分を写すことは良くあります。
実際のところは本人にしか分かりませんが、それはファンに対するサービスと捉えることも出来る為、これに否定的な人は少ないと思います。
しかしそれが名前も知れていない一般人であったらどうでしょう。
正直言って、あんまりにも度が過ぎると自己主張が激しいなどとマイナスなイメージを持たれてしまいがち。
わざわざ自分を写さなくてもインスタ映え写真はいくらでも撮れるので、別に自身を写す必要はないよねとなってしまうわけです。

あくまでも自分は脇役としての立ち回りをすることでこうした些細なことからトラブルになることを避けることが出来ます。
この程度で突っ掛かるような相手とは関わらないのが一番ですが、不特定多数の人間に公開する以上気をつけなければなりません。

その時にしか出来ないことを大切に

所構わず何でもかんでも写真を撮ってインスタグラムに投稿することもあまり好かれる行為ではありません。
友人と遊びに出掛けた際など、映えそうなものを撮ること自体は悪くありませんが、その都度静止して写真ばかり撮っていると他の人はよく思わないのが普通です。
何故遊びに来てるのに写真ばかり撮っているのか、写真撮るのが目的なら一人で来ればいいと思われてしまっても全くもってその通りなので仕方ありません。
さり気なく撮るなり、その場は遠慮して後日撮りに行くなどの気遣いが必要です。

一緒に出掛けているメンバー全員が同じように写真ばかり撮るタイプであれば遠慮はいりません。
でも、せっかく都合を合わせて集まっているのですから後からいつでも撮れる写真よりも今を大切にしてみてはいかがでしょうか。


このTOPICSをシェアする